撮れない写真

肌に合うカメラを手に入れてしばらく多くの写真を撮ってきましたが、
写真を撮るのがいやな時期というのがありました。
(今も積極的には進まない)

自分は写真の技術も、構図を組み立てるセンスもどちらもない
ごくごく普通(にも満たない)写真好きなのですが、
スキルの凡庸さよりさきに、どうしても、
写真を通して描く世界に自分の視線が透けて見えるのです。
あまり愛もなく執着もなく、際立った恨みもない。
世界を撞くような写真というものが絶対にないなと気づいたとき
本当に自分の写真がつまらないものに思えます。

でもつまらない写真でも、それを撮りたいなと思ったのは事実だし、
そこに一緒にいたヒトその空気や温度も確かに自分が感じたものではある。
その淡々とした記録としての写真、非常にパーソナルなしるしとしてのそれも、
自分の思考の痕として相応しいものではないかと
最近は、思うようになりました。
自分の視点に足りないものを見出すのならばそれを埋める作業をすればいい。
それは技術的なものではなく自分を埋めることであって
自分の生活・時間に正しく資するものであろうと。

そしてまた、写真も撮るようになりました。
もちろん素敵な写真などひとつも仕上がりません。

いい雰囲気のふんわりした写真ばかり仕上がっても、鼻白む思いは増すばかり。
言い換えれば、
茶を濁すような言葉ばかり吐くよりはかっこ悪くもがいてもよかろう、と。

About paradis

うさぎと暮らしている音楽好き そして認識の先にあるものに触れたい 世界の果てとわたしの果てが一致する その瞬間を待ち続けています

コメントを残す