比較研究してみたのです。

たまには生活に役に立ちそうなこともひとつ。
寒さのせいかはたまた年齢的なものか、今年は唇が荒れます。
荒れるというかひりひりするのです。炎症的な。
通常はプレドミナの美容液+ユースキンメディリップなのですが、それすらしみる。

なので今年は肌に優しそうなリップクリームを試してみました。
その感触について。
1)ユリアージュ リップクリーム

無香料はなんとなくの原料臭、フレンチバニラのかおりは大昔のDiorの口紅の香り。
フレンチバニラの香りには抵抗感あります。
粘度:固め(というかヒマシ油感が強い。クリーミーではない油感。よく伸びて、嫌いではないです)
フィット感:薄めにつき、良好。
保湿感:良好。

2)アベンヌ リップケア
無香料。アベンヌ・コールドクリーム配合と謳っている。
粘度:やわらかめ。クリーム感が強い。
フィット感:厚くつく。持ちはあまりよくない。
保湿感:厚く付きますがまとわり感はあまり感じない。
なんといいますか古典的なリップクリームという感じ。個人的に好感。

3)キュレル リップケアスティック
粘度:高め。こってりとした濃厚さ。
フィット感:厚く付く。でも持ちはよい。むしろよすぎる感じ。
保湿感:一番高い。ただ取れたあとなんとなく違和感がある。
ぺったりと付くのですがまとわりつく感じはないです。

という感じです。
3つとも縦ジワに、とか、くすみ防止に、などといった薬効が
特にあるような気もしませんので、使用感で選べばいいのかもしれません。
私はアベンヌのクリームが昔懐かしい感じで好きでした。
ユリアージュのクリームは優等生的な感じ。上記3点のうちでは一番お勧めできると思われます。
キュレルのは好き好きでしょうか。。保湿力は高いです。

という個人的な「~感じ」などという感想に終わってしまったので、
やはり今回もあまり役にはたたないかも。

ワタクシはこれが好き:D

でも、健康な状態であれば、最も評価しているリップクリームは上の
ユースキンメディリップです。
やわらかさ・浸透感、補修力の強さはあまりほかにないほど。

そして、もうしみて痛くてどうしようもない
というほどであれば、リップクリームには頼らず病院へいきましょう。
#実は私も今はアズノール軟膏が一番楽です。

About paradis

うさぎと暮らしている音楽好き そして認識の先にあるものに触れたい 世界の果てとわたしの果てが一致する その瞬間を待ち続けています

コメントを残す