ブルー

プラチナ万年筆に「preppy」という200円の万年筆があります。
200円とはいってもかなり本格的なつくりで
鉄ペンのサクサクした書き味は十分楽しめます。
しかもコンバーターが使えるのでなんというか「安すぎるんじゃない?」というほど。
しばらく忘れていたインク道楽を思い出してしまいました。


こちらは今年のブルーのペリカン。
そしてインクはあれこれ新しく試して、YARD O LEDのブルーをいれました。
赤みのない本当にきれいな初夏の空を思い出すような色です。
最近の空からすると胸がすくような懐かしい空色です。
#ペンの軸色にあわせて色を作ったら書いた文字がずいぶん軽くなってしまいました。
#実際は普通にも使える空色寄りの青です。

きれいな色で文章を書くだけでずいぶん気持ちもすっきりします。
今年はこんなバタバタが年末まで続くのかな。
壮年へ向けてのイニシエーションを潜り抜けている気分でおります。

縁あってJudd.#6へ文章載せていただきました。
今号は表紙がとても素敵です。どこかで見かけたら探してくださいね。

週末に、この若干Badd.寄りのJudd.氏と、ダイスケさんと飲んでいたのですが
メガネをどこかで忘れてきてしまうほどよか夜でした。
やっぱり大人になると楽しいも楽しくないも自己責任ですな。
良識ある大人だったら難しいこともいいけれど、
言葉より以前に楽しい大人っていうのが素敵だな、などと思ったりしました。

さて、メガネ、メガネ・・・

About paradis

うさぎと暮らしている音楽好き そして認識の先にあるものに触れたい 世界の果てとわたしの果てが一致する その瞬間を待ち続けています

2 Comments

  1. dw5

    久々のブログですね。
    楽しみに待っておりました。
    綺麗な万年筆ですね!
    しかし、楽しい晩でございました。

  2. ご無沙汰しておりました。
    楽しかったですよね。万年筆は最近アツいです。
    最近は紙も好きになってきました。。

コメントを残す