漢方飲むのだよ

近しい方はご存知のとおりでワタクシはひどい頭痛もちです。
緊張型頭痛が癖になったもの(多分発端は気圧変動型頭痛)と
数ヶ月に一回の偏頭痛です。これは20年来の付き合いなのでもうあきらめ気味。
といいますか常より、右側の頭(頭皮)って感覚がないぐらいなのです。
一時は星状なんとかブロックやら顔にブロックやらもしてました。

ところがとあるきっかけで「ごしゅゆとう」なる漢方の秘薬をしりまして
先週末から試しております。
本日かかりつけの先生に処方していただきました。
そして「せんきゅうちゃちょうさん」もいただいてきました。

#それなりに我慢はしましたが、なんと先週より一回も鎮痛剤飲んでないのです。
すごいもんだ。
かかりつけでは折々にて漢方を処方され
「本当に身体が合うときは”苦味”はないから、数日飲んだら舐めて苦いようだったら飲まないように」と乙なアドバイスを受けていて、そういう考えに慣れています。
そしてこの二剤いまは、ぜんぜん苦くないのです。

おそらく筋肉量も(女性にしては)多いはずで基礎代謝も高く平温も当然高いのですが、
今は末端までぬくい。でもじっとりした汗はかかない。不思議な感じです。

知らないことが世の中にはいっぱいあります。
知ることだけがよいことだとは思わないけれど、
「身をもって知る」ということは、どうにもいわれぬ充実感があり うれしいです。

また日ごろよりウェブを通して見聞や知識が広がることについては
とても便利なこととは思いながらも絶対的な危機感を忘れてはならないと思っています。
それは「勘」ではありますがおそらく正しい「勘」だと思います。
あいまいな情報の波の中で
身体がおいつかない部分での欲望や知識だけをかきたてられて
統一した身体性が引き裂かれることへの恐れがあるわけです。

しかしこの「秘薬」を知ったのもそういう流れの中でもあり、感謝はひとしおなのです。
あいまいに波にゆだねても、その波のなかで泳ぎきるように、
己の「身体」イメージをきちんとひきつけて律しておけば、大丈夫なのかな。
とにかくうれしいです。

About paradis

うさぎと暮らしている音楽好き そして認識の先にあるものに触れたい 世界の果てとわたしの果てが一致する その瞬間を待ち続けています

4 Comments

  1. ダイナマイツ四国

    おいどんも頭痛持ちです(xx)
    普段はバファリンやらナロンエースが主食ですが
    それでもダメな時は最後の手段で医者から処方された
    1錠300円もするのを飲んでます(^^;
    高いだけあって効果てき面やっとですが、
    頭痛は慣れる事が無いですよねぇ。。。
    頭痛とおさらばしたいです・・・

  2. >ダイナマイツ四国さん
    四国さんの頭痛も大変ですよね。
    年齢で軽くなるといいますけれどどうだか。
    強い薬も効くんだけどなんかだらだら続いてしんどいですよね。
    漢方も意外とよいかもしれませんよ!

  3. 思考遊戯

    流石!貴女には漢方がピッタリだと思います。
    僕も随分、助けられています。

  4. コメントの反映が遅れてしまい、大変申し訳ないです。
    漢方はいいですよね。身体の状態がわかる、、わかるというかわかろうという気持ちになります。
    この夏は本当に頭痛薬から開放されました。ありがたいことです。

コメントを残す