人の試みそして、自然の営み。

私の住むまちには、風力発電の風車がずらりと並ぶ丘があります。
山道を歩き、たどりついたそこには。

ぶるんぶるん。びゅーんびゅん。

ぶるんぶるん。びゅーんびゅん。

風を十分にうけるほどの大きさの風車が8個、ぶるーんぶん、と、仕事をしていました。
奥に見えるのは鹿児島の霊山(嘘です)Mt.桜島です。風車の大きさが伝わりますか?
蓄電して、電気にするのだそうです。人間ってすごいですね。
すがたもとってもフォトジェニックでしたよ。

しかしそれ以上の残酷さでいろんなものを侵蝕しているというのが真実。

また場所を移し、海の見える公園へ。

小さな身体ですべてをうけいれる

小さな身体ですべてをうけいれる

町に住むねこちゃんは、すべてお見とおし。
自分の行く先も、写真機を向けるこのけったいな人間が自分勝手になにを思うか、も。

全体をうけいれることの困難さを、この弱いはずのいきものは、可愛い姿で顕していました。
そして私はこの日、おそらく自己満足でしかないヒロイックな気持ちをのみ込み、
結果として自分の小ささを、うけいれられる強さが身についたような気がします。

About paradis

うさぎと暮らしている音楽好き そして認識の先にあるものに触れたい 世界の果てとわたしの果てが一致する その瞬間を待ち続けています

2 Comments

  1. iso

    風車は僕の家からも見えます。
    吉田の方ですよね?
    案外近所みたいですね。

    ねこが凄くかしこまってる感じが
    とてもかわいい。
    撮られることがわかっているような(笑)

  2. isoさん

    コメントありがとうございます。
    そうです吉田のほうの風車です。
    ねこ、かわいいですよね。確かにおすまししてますね。

コメントを残す